成年後見制度とは何か

成年後見制度とは、精神上の問題があるせいで十分な判断力を持たないとされている方が、判断力を持っていないせいで不利益を被ってしまう事を防ぐための制度です。家庭裁判所に申し立てをして援助してくれる人を付けるという制度で、認知症や精神障害、知的障害といった十分な判断力を持たない方が詐欺などの被害に遭ってしまう事を防ぎ、その方の自己決定権の尊重などを目的とした制度となっています。

一人暮らしをしている老人が、悪質な詐欺に引っかかってしまい大きな損害を被ってしまったというニュースを見たことがある人は多いと思いますが、こういった被害を未然に防ぐために利用されているのがこの成年後見制度なのです。

ただ、この成年後見制度を利用する場合にはどのようなメリットとデメリットがあるのか、そして申し立てをする時にはどういった用意が必要となるのかなど、いくつか注意しておかなくてはいけないポイントもあります。これを知らないまま成年後見制度を利用してしまうと、スムーズに申し立てをする事ができずに利用するタイミングがズレてしまったり、申し立てが通らずに利用する事ができなくなってしまう場合も考えられるので注意が必要です。特に申し立ての手順などを知らないと、スムーズな手続きができなくなってしまいますから事前にきちんと知っておきましょう。

成年後見制度は認知症など十分な判断力を持たないとされる方が、詐欺などの被害に遭わないようにしたり、一般的な生活をする事を手助けするための制度です。しかし、この制度を利用するためにはいくつか気を付けておきたい精度がありますから、利用する時には手順をどうすればいいのか、メリットやデメリットは何か、そして申し立て時に誰に相談すればいいのかなどを知っておくと良いです。